新宿/渋谷から20分 アクセス良好な世田谷/杉並エリア 京王線芦花公園駅徒歩5分のDTM作曲教室

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


A to Z は DTMを中心に
ボーカルスタイル 演奏 作曲 アレンジなど
様々な周辺ジャンルを融合して学べる
新しいタイプのDTM専門•総合作曲教室です
〜こんな音楽を「作ってみたい」という想いが 実際の「作品になる」まで やさしくサポート〜

ツーファイブのフレーズ

| D-7 | G7 | C | (Key=C)

このコード進行を「ツーファイブ」と呼びます。

よく街中で耳にする基本的なコード進行で、この進行の音の流れに沿ったフレージングを覚えておくと非常に重宝します。

今回はいくつかフレーズ音型の例を示しますので、参考にしてみて下さい。

【Cメジャーキーのツーファイブ】
| D-7 | G7 | C | (Key=C)
5フレットポジション
一つのコードにつき、8音のフレーズ




【Cメジャーキーのツーファイブ】
| D-7 | G7 | C | (Key=C)
5フレットポジション
一つのコードにつき、4音のフレーズ


同様に、Fメジャーキーでも確認してみましょう。

【Cメジャーキーのツーファイブ】
| D-7 | G7 | C | (Key=C)
5フレットポジション
一つのコードにつき、8音のフレーズ




【Cメジャーキーのツーファイブ】
| D-7 | G7 | C | (Key=C)
5フレットポジション
一つのコードにつき、4音のフレーズ


ポイントは、どんなコードにチェンジしたか分かる、コードの流れを感じさせるフレーズにすることです。他にも様々な可能性が考えられますので、フレーズのアイデアを増やしておくと良いでしょう。

ツーファイブフレーズを自在に扱えると、後々様々な面で役に立ちます。演奏だけでなく、アレンジにも効果的です。是非覚えておくことをお薦め致します。

[ アクセスの多い記事 ]

  1. 音圧の上げ方LinkIcon
  2. 低域の処理LinkIcon
  3. コンプノウハウLinkIcon

関連リンクなどLinkIcon