新宿/渋谷から20分 アクセス良好な世田谷/杉並エリア 京王線芦花公園駅徒歩5分のDTM作曲教室

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


A to Z は DTMを中心に
ボーカルスタイル 演奏 作曲 アレンジなど
様々な周辺ジャンルを融合して学べる
新しいタイプのDTM専門•総合作曲教室です
〜こんな音楽を「作ってみたい」という想いが 実際の「作品になる」まで やさしくサポート〜

ドミナントのフレーズ

例えば、| C | A-7 | D-7 | G7 | C | という様なコード進行で、G7の様なセブンス・コードをドミナント・セブンス・コードと呼びます。(ドミナントの詳しい解説は今回は省きます。)

さて、このドミナントでは、様々なスケールが使われています。

・ミクソリディアン
・フリジアン・ドミナント(フリジアン#3)
・ビバップ・ドミナント
・オルタード・ドミナント
・ハーフ・ホール・ディミニッシュ(コンディミ)
・ホールトーン
・リディアン・ドミナント(リディアンb7)

などなど…
(ドミナントで使われるだけに、「○○ドミナント」というスケールが多いです。)

この中で、今回は「ミクソリディアン」と「オルタード・ドミナント」の二つを取り上げてみましょう。

まずはミクソリディアンについて。

ミクソリディアンは【1】【9】【M3】【P5】【13】【m7】と、アボイドノート【P4】からなるスケールです。(アボイド・ノートの説明はここでは省略します。)

C メジャーキーの時のGミクソリディアンを確認してみましょう。

【G ミクソリディアン】



【G ミクソリディアン 5フレットポジション】



【Cペンタトニックと対応させて覚えると実用的です。】



【G7コード、スケール、フレーズ例】


同様に、Fメジャーキーでも確認してみましょう。

【C ミクソリディアン 5フレットポジション】



【Fペンタトニックと対応させて覚えると実用的です。】



【C7コード、スケール、フレーズ例】


次にオルタード・ドミナントについて。

オルタード・ドミナントは【1】【b9】【#9】【M3】【#11】【b13】【m7】からなるスケールです。(【P5】を入れる場合もあります。)

C メジャーキーの時のGオルタード・ドミナントを確認してみましょう。

【G オルタード・ドミナント】



【G オルタード・ドミナント 5フレットポジション】



【Cペンタトニックと対応させて覚えると実用的です。】



【G7コード、スケール】


同様に、Fメジャーキーでも確認してみましょう。

【C オルタード・ドミナント 5フレットポジション】



【Fペンタトニックと対応させて覚えると実用的です。】



【C7コード、スケール、フレーズ例】


今回までで、ペンタトニック、メジャータイプのコード、マイナータイプのコード、そしてドミナントタイプのコードへ、それぞれ対応する方法を解説致しました。これらを使って、大まかに全てのコードへ対応可能となります。

より詳しい説明をご希望の方は、是非レッスンへいらして下さい。お待ちしております。

[ アクセスの多い記事 ]

  1. 音圧の上げ方LinkIcon
  2. 低域の処理LinkIcon
  3. コンプノウハウLinkIcon

関連リンクなどLinkIcon