新宿/渋谷から20分 アクセス良好な世田谷/杉並エリア 京王線芦花公園駅徒歩5分のDTM作曲教室

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


A to Z は DTMを中心に
ボーカルスタイル 演奏 作曲 アレンジなど
様々な周辺ジャンルを融合して学べる
新しいタイプのDTM専門•総合作曲教室です
〜こんな音楽を「作ってみたい」という想いが 実際の「作品になる」まで やさしくサポート〜

鳥の声

鳥の声を録る場合も、まずは人気のない場所、そして遠くの車や電車の音が入らない場所を探しましょう。

鳥の声は、実際に録ってみると、耳で聞いている印象よりもずっと小さいものです。そして、周りの音の方がとても大きく聴こえます。

ですから、非常に静かな森の中で録音するか、パラボラの様な集音器を使うか、高性能な超指向性のショットガンマイクを使うか、という3パターンになります。

はっきりと大きな鳥の声を狙うのであれば、ショットガンマイクが必須です。

しかし、高性能なものは値段が¥10万以上と高価なので、はじめての際は集音器が良いでしょう。必ずしもパラボラである必要は無く、半球型のアクリルや、大きなボウルで代用ができます。

鳥の声は、森の中に入って探します。木にとまっている鳥、実を拾っている鳥などが、声を発しています。できるだけ録音状態にしておき、聴こえたらすぐにマイクを向けます。

録音の途中、鳥達が集団で鳴き始める時があります。
そういった場合は、しばらくすると天候の急変や、飛行機が飛んで来る時などが多いでしょう。

[ アクセスの多い記事 ]

  1. 音圧の上げ方LinkIcon
  2. 低域の処理LinkIcon
  3. コンプノウハウLinkIcon

関連リンクなどLinkIcon